中学生英語を苦手から得意に変える【英語塾が人気の理由】

進路に役立つ

勉強

中学生のうちから英語塾に通っておくと、将来的に役立つことがあります。大学受験がスムーズにいったり、通訳や翻訳家などを目指せたりすることもあるのです。もちろん、学校の英語の授業についていけなくなることもありません。

目標にあわせた英語指導

教材

中学生の時期は英語力を伸ばす理想的なタイミングです。そのため、語学指導に特化した英語塾が選択されるケースも多くなります。この英語塾では学校や入試の試験対策だけではなく、目標に沿ったスケジュールで英語を学ぶ事が出来ます。

語学学習はサポートが大事

学生

良い循環で学習可能

中学生になると、英語の授業が毎日のように行われることになり、これまでにはなかった本格的な異国の語学学習ということで、小学生の時とは違うアプローチをする必要が出てきます。現代の中学生は、日ごろからたくさんの和製英語を耳にしていることもあり、親世代と比較すると数段の知識を持っているものです。しかし、中学生にとっては普段耳にしない言葉が圧倒的に多く、文法などについては、新たに出てくることばかりです。こういった状況の中で、着実に英語力を身に付けていくためには、できるだけ英語と触れ合う時間を多くとることが大切です。ただ、中学生にとっては、国語以外の語学は勉強したことがない状態で、復習はともかく、予習をするということは難しいものです。そんなときに役に立つのが、学校が終わった後の時間を利用して、中学生を対象とした英語塾に入るという方法です。英語塾では、学校の勉強に沿った指導をしてくれることはもちろんのこと、一人では取り組みにくい予習に力を注いでいます。新しい英単語の読み方などは、英語塾で習うことが出来るため、学校の授業では違和感なく取り組みやすくなります。これは、繰り返し学習の効果もあり、英語塾で予習をして、学校で復習をするという、知識を定着させるためには理想的なサイクルを回すことができるのです。結果として、英語塾に通う中学生は、英語が得意科目になり、好きな科目の一つとして、前向きに取り組むことができるようになります。

先取り学習が可能

学生

中学生が英語塾に通うことで、学校よりも進んだ学習を行うことができます。そのため、学校の授業で抵抗なく話がきけるでしょう。記憶力も良い時期なので、知識として定着させやすくなります。